スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
猫の認識力
猫は視力がよくないと聞きます
他のネコやヒトをどのくらい“形象”として識別できているのでしょうか
まぁ、コレは視力の問題だけではないと思いますが・・・





jijiがファミリーのネコたちを認識できずにパニックを起こしていたころ、
フッとそんなことを考えていました

一般に、猫がピントを合わせる能力は
遠方では10~20mが限界で、手前では75cm以内になるとうまく焦点が合わず、15cm以内になるとほとんど見えていないのではないかといわれます。
もっともよくピントが合うのは2~6mの距離とのこと。

んー
じゃさー、最初にjijiがパニックを起こした時、
黒っぽい強面猫との距離は1m以内だった可能性が高いから
ぼ~んやり黒い猫って記憶があるだけなんだろーか?
(ニオイはまた別にして)

で、同時に負傷した痛みと、その後のモノとの壮絶なバトルで
「猫=恐怖」のイメージが入力されてしまったのかなぁ


070608j4a.jpg


 こうして窓の外を眺めている時に
 声を出さずに手を振ったりすると
 わたくしを判って鳴いて返事できます
 ちょうど見やすい距離なのね


でも・・・バトルをしたモノはかなり早い段階で受け入れていたから
モノの姿は「=恐怖」の認識にはなっていなかったのかしらん
黒っぽい猫=楽ちゃんは、そういえばけっこう受け入れるまで時間がかかったよーな気もするし…
白っぽい猫=みぅみぅのガン飛ばし(笑)も尾を引いてた気がするし…
うーむ、よくわからないぞー(笑)

でもねー
↓これ5月中旬頃の様子なんですが
070705j3b.jpg

隣のアパートからウチの2階窓方面に向かって来たミケちゃんを凝視するjiji
(ミケちゃんは礼儀をわきまえているので、決してウチの窓には来ません♪)

この時わたくし、jijiがまたパニックで怒り出すのではないかとハラハラドキドキして見守っていたのですが、一心不乱に見つめてはいるものの、jijiの怒りは起きませんでした。
ミケちゃんが「=恐怖」にはならなかったんです
ある程度落ち着いて、相手がよく見える状態だと個体識別ができているんでしょう。

***************************************************************
そういえば、jijiの伯母さんに当たるタマちゃんも、
道で会うとタマちゃんの方から声かけてくれるんですょね~
***************************************************************


070705mo_j3a.jpg


お母ちゃんの緊張感も知らず、モノが
「何してんのぉー♪たちにも見せて~」
と、突然現れたときは、正直言って「ひぇ~、余計な刺激与えないでくれー」って思いましたが、
jiji、意外に大丈夫だったので胸をなで下ろしました(笑)

まぁ、パニックは常時起きるワケではないのですが、
発作の引き金になりかねないホットな刺激があったので、動揺してしまった母であります。


070703me_j6.jpg

今回も、エリカラみぅみぅを比較的早く受け入れることができたjiji
意外と認識力あるのかも…

スポンサーサイト

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

【2007/07/07 06:43】 | ウチにゃんズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<グルーミング | ホーム | やっぱ、いいヤツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://catcat.blog4.fc2.com/tb.php/657-a08b45ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。